フコイダン・イメージ

20

様々な効果があるフコイダン

フコイダンとは、海藻のネバネバしている成分のことをいいます。波などで体が傷ついてしまうことを守ったり、傷ついたときに傷口を保護したり、乾燥から自分の身を守る働きがあります。
この成分には様々な効果があるとされており、注目されています。
フコイダンの効果としては、アポトーシスに働きかけることでがん細胞を死滅させる働きがあると考えられています。ガン細胞を死滅させる場合のみに作用し、正常な細胞は死滅させないこともわかっています。ガンを治療するだけではなく、予防するのにも役立ちます。
免疫力を高める効果もあり、ナチュラルキラー細胞という免疫細胞の活性化させる働きがあることから、インフルエンザなどのウイルスに対しては抗ウイルス効果を期待することができ、免疫システムのバランスを調整することで抗アレルギー効果などを得られます。
また、胃の粘膜を保護する働きがあるほか、胃がんや胃潰瘍などの原因となってしまうピロリ菌を除去する効果もあるとされています。
フコダインは水溶性食物繊維のことから、腸内で余分な水分を抱え込んで余分なコレステロールや糖分を吸収する働きや高血圧を下げる作用、整腸作用によって便秘を予防する働きもあります。
もずくやメカブなどの海草類から摂取することができますが、毎日効率的に摂取するにはサプリメントがオススメです。
サプリメントで摂取する場合には、分子の大きさによって吸収率が異なってきます。
低分子フコイダンは文字通り、フコイダンを低分子化したものになります。低分子の方は吸収されやすいという性質がありますが、吸収されてからの機能が弱くなることがわかっています。
高分子の方が分子が多いため一部しか吸収されませんが、吸収した分の機能が高いとされています。
どちらが良いかはコストなども考えて選ぶことが大切です。